It don't mean a thing if it ain't got that swing! 
プロフィール

にゃも

Author:にゃも
Electronica、Lounge、Crossover、
Reggae、HipHop、R&B、
Rock、Pop、Mixture、
Funk、Soul、Jazz、Blues

ランキング
いらっしゃいませ^^   今日もポチっと。お願いしますヾ(*ゝω・*)ノ
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
いつもありがとうございますm(_ _)m♪
ブックマーク
最新トラックバック
月別アーカイブ
CDのウィジェット
あしあと
goo あしあと
カウンタ
トラックバックコミュニティ
amazon その他
その他最近のお気に入りヾ(*ゝω・*)ノ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
--/--/-- --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あるアーティストを2回レビューするのは初となります。
取り上げさせていただくのは大好きな Jazz Vocalist の akiko さんです。

「Jazzってなーに?」から始まり、「Jazz はもう死んでしまったのか?」
という問いに対して彼女としての見解、答えを出すといった形。
先月発売の『What's Jazz? - Style - 』、
そして今月発売の『What's Jazz? - Spirit - 』。
Jazz を Style 面、及び Spirit 面の、
二つの側面から捉えるといったコンセプトになっています。


まず Jazz の Style 面。
What’s Jazz?-STYLE-(初回限定盤スペシャル・エディション)(DVD付)What’s Jazz?-STYLE-(初回限定盤スペシャル・エディション)(DVD付)
(2008/10/22)
akiko

商品詳細を見る
Style として捉えるのならば、Jazz は'30~'60で完結されてしまう。
そこまでの、Dexieland や Swing 、Bop といった、
ある種古典といってもよいであろう音を、『Style』盤ではとりあげています。
そういった Jazz には、勿論いつまで経っても色褪せない
「イイものはイイ!」的な、有無を言わせないくらいの素晴らしさがあります。
しかし、現在の音楽シーンにおいてそれを同じ形態で演奏する意味ってなんでしょうか?
それについて、彼女は 「Jazz ひいてはすべての音楽を愛しているから」 と、答えます。
そして彼女が、「それを知らない世代に対するイントロダクションであろうとするから」 と。
 試聴:Ladies Love Mercedes
どうですか、彼女のファッションも。なんつーイイ女なんでしょう。
彼女の声、大好きなんです。

 本作(Style盤)の3曲目、「What's Jazz」というオリジナル曲の歌詞にもありますが、
 本ブログでも取り上げました Jazzanova しかり、4 Hero しかり。
 Jazz は、Bop や Free 、Spiritual といった形態の変化を経た現在もまた、
 どんどん生まれ変わって、週末のクラブをにぎわせているんです。




そして、そういった Jazz の 現在について。
What’s Jazz?-SPRIT-(初回限定盤スペシャル・エディション)(DVD付)What’s Jazz?-SPRIT-(初回限定盤スペシャル・エディション)(DVD付)
(2008/11/12)
akiko

商品詳細を見る

彼女は Spirit の面から捉えて、言います。
もともとインプロビゼーションによって成り立つ音楽である Jazz 。
他のどんな音楽にも増して自由であるはず。
本作は「なぜ Style に固執する必要がある?」と、挑みかかるような斬新な音作りです。
長くなるとなんなので簡単に言ってしまうと(それはそれでなんですが)
Club Jazz 的な音になっています。
過去にも取り上げました、Jump & Jive の曲に絞ったアルバムを出したり、
ボサノヴァやサンバといったブラジルに焦点をあてたアルバムを出したりと、
音楽的背景の広さを感じさせる作品を世に出してきた彼女。
本作はかつて須永氏がプロデュースしてた頃に近い、フロア寄りのアルバムです。

 アルバム中のコメントにもありますが、
 (あ。公式HPにも出てますね。下に貼り付けときます。)
 「かつてマイルス (Miles Davis) やエラ (Ella Fitzgerald) がそうであったように、
 (Jazz含めすべての)音楽はその時代のファッションを反映すべき」 。
 マイルスの晩年の作品、「Doo-Bop」などは、Hip Hop を取り込んだ作品になってますし、
 Jazz の歴史を作り上げてきた彼の作品をいくつか聞き比べるだけでも
 その、音楽としての受容性の広さを感じられます。
 そういった、進化する Jazz の「いま」を本作は表現しているかと思います。

 モードもバップもスウィングも素敵。
 ただ、Jazz を Jazz たらしめるのはスピリットであり、
 Jazz を Style として捉えるだけでは一義的・狭量にすぎるんじゃないの?
 と、問いかけるような2つのアルバムになっています。
 そう。Jazz は今も進化し続けてるんだぜー!
 試聴:Big Bang (公式HPより)


CDレビューをやっといてこう言ってしまったら元も子もないですが、
『聴いていただいたらわかります。』
Jazzをこよなく愛してるんだろうなーと感じさせるコンセプトです。
Jazzの今と昔、Jazzファンの二極化じゃないですが、両方ともイイもんだよ、と。

正直、管理人がど真ん中なのは Swing 、とりわけ Big Band 時代のモノであったりします。
Benny Goodman のヴィブラフォン入りのカルテットなんかは鳥肌たちます。
Brian Setzer のオーケストラみたいに、ロカビリー色満載な Swing は、朝っからだって踊れます。
しかし、その上で現在の Club Jazz も大好きです。
こういったダブルスタンダードっぷりに果敢にアプローチし、
彼女なりの見解を音で表現したところに、心意気を感じました。

快心作! 是非2枚。両方、聴いていただきたいとおもいます。



応援よろしくでーすヾ(*ゝω・*)ノ
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ


P.S.
長文になってしまいましたが、全文読んでくださった方々、どうもありがとうございます(●- -)(●_ _)ペコッ♪
お疲れ様でしたー^^
スポンサーサイト
2008/11/17 07:48    Peven Everett / Power Soul
☆ House ・ R&B ☆

完璧なセルフプロデュース作品。
まったく人の手を借りることなく、
すべて自分で演っちゃったという脅威のアルバム。
音を聞いていただければ、その才能の豊かさがすぐに実感できるかと思います。

Power SoulPower Soul
(2007/02/27)
Peven Everett

商品詳細を見る

彼自身、サックスに始まりギター、キーボード、ドラム、エトセトラと、
11種類もの楽器を使いこなすという鬼才。
歌はもちろん、作詞作曲からアレンジまですべて、
自身でやってしまうというからすごいですよね。

本作以前は、Neo-Soul系のアーティストという位置づけだったんですが、
本作はハウス。もといディープハウスでしょうか。そちらの色が強いかと。
ジャズにロック、ド本命のNeo-Soulにディープハウスと、ジャンルごった煮なアルバム。
バックボーンの広さを感じる出来栄えで、全編とおして非常に凝ったアレンジです。
発売当初はGilles Peterson や Louis Vega といった、
世界的に超人気のハウス系 DJ にも使われたとのこと。
思いっきりフロア向けの曲だらけです^^

Neo-Soul色を残しつつのソウルフルな歌声が、
骨太で精巧な音作り、ハウス特有のビート感と相まって、聴いたことのない斬新さ。
突き抜けた、独創的な作品になっていると思います。


オススメですが、

本作のコンセプトを宣言するかのようなディープハウスミックスな「Stuck (2曲目)」
You Tube 動画を探しあててから知ったのですが、
大人気のハウスコンピ、Defected In The House にピックアップされています。 
 試聴:You Tube より試聴可能です。(Stuck)

ジャズを感じさせる鍵盤に、ロックなギター。
ソウルフルな歌声に、ハウス寄りなリズム隊。
色んな音が複雑に絡み合って、独特な世界観を作り上げてます。
「Wild And Thick One (6曲目)」

シングルカットもされた、「Can't Do Without (7曲目)」
 試聴:You Tube より試聴可能です。(Can't Do Without)

シンガーとしての面目躍如という感じの歌いっぷり。「This Just In (12曲目)」
アッパーなダンスチューン満載のアルバムの締めくくりはとびきりメロウに。

このあたりでしょうか。
全曲捨て曲ナシといった感じで、オススメ曲を選ぶのが馬鹿らしくなっちゃいましたが(笑)。
ハウス系 ~ R&B系 まで、幅広い音楽ファンに激しくオススメです。


応援よろしくでーすヾ(*ゝω・*)ノ
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
2008/11/13 05:57    Buddy Rich / The Roar Of '74
☆ Jazz / Jazz Funk ☆

タイトルの「Roar」は吼える、咆哮といった意味。
まさにタイトル通りの血管ぶち切れ具合です。
ジャケットのレーシングカーに乗った Buddy Rich はちょっとお馬鹿風?(笑)
行くぜ行くぜ~!って感じですよね。

ザ・ロアー・オブ・74ザ・ロアー・オブ・74
(2004/04/16)
バディ・リッチ

商品詳細を見る


本作は、Jazz はゆったりでムーディーなもの、と思っている方に、
ガツンと鉄槌をくらわせるような作品になっています。
曲によりテイストの違いはもちろんありますが、Jazz Funk 的。
昨今だと Soulive や New Master Sounds 、
当時ですと Jimmy Smith や Jack McDuff あたりが代表でしょうか。
(大好きな人たちばかりなのでいずれレビューします^^)
アニメ・ルパン三世のサントラでの生音ジャズバンド、大野雄二の作る、
盗賊っぽいというか探偵っぽいというか、そんなスリリングな感じもてんこ盛りです。

彼のBig Band の挨拶代わり、「Nutville (1曲目)」から始まり、
フルマラソンを短距離走の速さで突っ走るような、
とんでもない疾走感で走り続け、山場にあたるであろう「Time Check (5曲目)」まで。
音の渦の激流に飲まれるように駆け抜けます。
Big Band ならではのアンサンブル云々といった細かいところよりも、
この疾走感を体感していただきたいです。
是非通して聴いて頂きたいアルバムです><


以下オススメですが、やはり血管ぶち切れの1曲目~5曲目。

「(1曲目) Nutville」 Horace Silver の作品。
ドラマーがリーダーの作品だけにシンコペーションが心地よい。
以降の曲が、赤信号無視で突っ走ることを告げるようなテンションです。
キーボードのソロがまたオシャレ。
 試聴:you tubeより試聴可能です。(Nutville)

「(2曲目) Kilimanjaro Cookout」 アフロ風味で、ギター推しの曲になっています。
ワウペダル多用が怪しい盗っ人を連想させます。
 試聴:you tubeより試聴可能です。(Kilimanjaro Coconut)

「(3曲目) Big Mac」ベース推しの曲です。
終盤のソロベースが、もう!
ジャコパス的なエレベ2弦弾きに絡むドラムも素晴らしい。

「(4曲目) Backwoods Sideman」
ホーン隊が最も前面に出ている曲。
もちろん交互にソロを取りますが、そのスウィング感。たまりません。
 試聴:you tubeよりライブ動画が試聴可能です。(Backwoods Sideman)

「(5曲目) Time Check」
きましたね。アルバムを通しての山場。
猪木で言えば 「(1、2、3の後の) ダァ~~~ッ!」。
ルパンで言えば、銭型警部から逃げるシーン(笑)。
いろいろ考えてみましたがルパンが一番しっくり来るかもしれません。真面目に。
なによりも、この疾走感をキープしつつのスタイリッシュさ。
曲のタイトルからも連想できますが、何者かに追われているような切迫した緊張感。
後ろでパトカーがクラッシュしまくるようなド派手に吼えるホーン。(ルパンか)
そして、Buddy Rich はこれでもか!とばかりの手数で叩き散らします。
曲に合わせて体を揺らそうとしたら痙攣するしかないような速さです。
初めて聴いた彼の作品が、この曲だったんですが、ぶっ飛んだ覚えがあります。
中山康樹が、彼の著書の中で小泉八雲の表現を借りて Jazz についていわく、
「この世のものとは思えない喧騒」。
まったくもってこのとおり。
 試聴:you tubeよりライブ動画が試聴可能です。(Time Check)

6曲目
小休止的にムーディー。
ルパンで言えば、不二子ちゃんとの絡みのシーン。しつこかったですね(笑)。



応援よろしくでーすヾ(*ゝω・*)ノ
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
2008/11/12 03:52    Eric Hutchinson
☆ Neo-Surf / Pops ☆

次世代の Ben Folds Five!?

サウンズ・ライク・ディスサウンズ・ライク・ディス
(2008/10/22)
エリック・ハッチンソン

商品詳細を見る



NY発のSSW。
メジャーとの契約以前に、ブログから火がつき人気が急上昇!
本作は iTunesでアルバムチャート最高5位と、
未契約の新人としてはとてつもない偉業を達成したそうです。
ジャケットもこじゃれてて、かわいいですね(笑)。
今ではJackJohnson、G.Loveなどに認められ、
Jason Mrazや、Rachael Yamagata などのオープニングアクトとしても活躍中とのこと。

音のつくりとしての土台は Jack Johnson に近いと言ってもいいでしょう。
いわゆる、Neo-Surf 系のポップス。
ただ、ソウルフルなアコースティックサウンドは、
彼(Jack Johnson) のレーベル Brushfire からのアーティスト群とは一味違うかな。
しかしそのレーベルが丸ごと、どストライクな管理人としては、
音楽的に近いところがあるだけに聞き逃せない逸材です。

レイドバックした、ネオーサーフの系譜に名を連ねつつ、
ブルーステイスト、ゴスペルまでをも取り込んだソウルフルな歌声。
ただ心地いいだけでは終わらない、ピースフルでハッピーな曲が満載です♪

彼自身、スティーヴィー・ワンダーやビリー・ジョエル、
エルヴィス・コステロ等から多大な影響を受けたと語っています。
彼らのSoul風味、Pops風味、Rock風味を取り込んだサウンド作りは大注目です♪


オススメですが、本作も、捨て曲ナシというか、いい曲だらけです^^;

「OK, It's Alright With Me (1曲目)」
こいつを聞いてノックアウトされました。
にゃも世代だと Ben Folds 、もう少し上の世代だと、Billy Joel あたりを思い浮かべそう。


試聴:以下、2曲myspaceより試聴可能です^^

「You Don't Have To Believe Me (2曲目)
ファンクテイストのジャンプブルースに、ソウルフルな歌声がたまりません。
3つ打ち感がオールディーなロックンロールを感じさせます。

「Back To Where I Was (9曲目)」
Jack Johnson っぽい音ですが、歌声が力強い分、メッセージソングのように聞こえます。
黄昏時の海なんかにマッチしそうなサウンド。サザン好きにもオススメかも♪



応援よろしくでーすヾ(*ゝω・*)ノ
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
2008/11/08 21:13    Belleruche / The Express
☆ Neo-Soul ☆

ブルースの進化型!? 
 
The ExpressThe Express
(2008/10/13)
Belleruche

商品詳細を見る


むむぅう。。。 ヤヴァい。 これってR25指定?
最近の新譜の中でも大ヒットというかホームラン級のアタリです。
しばらくヘビーローテーションで聴けそう。
激しくオススメです。
しかしジャンルわけが難しい。Neo-Soulって表記しましたが、適当です(笑)。

Quantic率いる「Tru Thought」レーベルからの新譜。
(実は Quantic 大好きで、ここのアドレスはそこからいただいてます^^)
割りとフロア寄りのアーティストが多いレーベルの中、
このアルバムはこじゃれた飲み屋、間接照明のリビング。
そんな身内スペースで聴ける、親近感を感じるアルバムになってます。
ネオソウルベースに、クラブジャズ、ファンク、ジャズのフレイバーを突っ込んで
ブルースでじっくりコトコト煮込んだような。
女性ヴォーカルの歌声と言い、むしろスカスカなくらいの音の入れ方と言い、
なんとも気だるくてアダルト。ミッドテンポ。

前作はもっと、Neo-Soul ぽいサウンドで、エリカ・バドゥなんかと並べられていました。
本作もそのテイストは残っているのですが、コンセプトはおそらく、ブルースです。
彼らも、自作について、「Handmade HipHop Blues Soul」と言っているそうですが、
うむぅ。。 確かに。

おすすめですが、

「Backyard (2曲目)」「Goose Blues (4曲目)」
ちょいと酔った Lightnin' Hopkins を思わせるようなモロのブルース。
Lightnin' みたいな、ゴツゴツした男臭さはなく、都会的な洗練さを感じます。
これがまたエロい。
「ブルースは死んでない、進化してるんだ。」
みたいなことが言われてますが、これがその典型かも。
ミッドナイト的オシャレアルバムです。
(ただ、カクテルじゃなくてバーボンですが(笑))

 試聴:myspaceから以下の2曲が試聴可能です。

Anything you want (not that) (1曲目)
軽くラバーズというか、レゲエのノリ。
軽快なナンバーですが、気だるさはバッチリ。

Idea Three(3曲目)
ゆる~くはねるギター。流れるようなVocalが心地よいです。
G-Loveが好きな方にもオススメです^^



応援よろしくでーすヾ(*ゝω・*)ノ
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。